FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ハリウッドランド

カテゴリー: ドキュメント風

ハリウッドランド


ハリウッドランド 2006年

評価 ★★☆☆☆

監督:アレン・コールター
出演:エイドリアン・ブロディ 、ダイアン・レイン 、ベン・アフレック

テレビ版元祖スーパーマン役の俳優ジョージ・リーヴスの死の謎に迫るサスペンスドラマ。
1959年6月16日に自殺したとされたジョージ・リーヴスの死について、息子は自殺ではないと彼の母親に雇われた私立探偵シモが事件の真相を探る。

元祖スーパーマンと言っても、実際見た記憶がないので「機関車よりも速く、高いビルもひとっ飛び~」のくだりぐらいしか知らなかったりするので、知ってる人と知らない人では作品の評価が変わるのかも知れませんが、
1950年代のハリウッドを忠実に再現とうたって居るので、こんな雰囲気なのかなーと観ました。
特に白黒のスーツのスーパーマンや空を飛ぶシーンの撮影カットなどなど。
それに映画会社がこんなに権力あったのかとビックリしてしまいます。

史実にそって進むストーリーに、探偵シモと言う架空の主人公が事件を調べていくストーリーは良いとして、見終わっても謎は謎のままに・・・
まぁ、実際未解決事件自殺と言う事になってますからね・・・

戦場のピアニストでおなじみのシモ役のエイドリアン・ブロディ演技派でとても生々しい演技の彼なのですが何故かハリウッドっぽさが無く彼のシーンだけアメリカじゃ無いみたいに見えてしまうのは気のせい??
一方のダイアン・レインとベン・アフレックはまさにハリウッドスターの輝きがあってどちらも良かったです。

この作品、推理サスペンスとして観るとがっかりしますので、当時のハリウッドTV俳優のスキャンダルと苦悩の人間ドラマと割り切って観ると良いかもしれません。
とにかくキャストは豪華!





ハリウッドランド@映画生活

スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ゾディアック ZODIAC

カテゴリー: ドキュメント風

ゾディアック


ゾディアック ZODIAC 2007年

評価 ★★★★☆

監督: デヴィッド・フィンチャー
出演: ジェイク・ギレンホール 、 マーク・ラファロ 、 ロバート・ダウニー・Jr

1969年から実際に起こった連続殺人事件の映画化。
駐車場でカップルの車が銃で襲われ、女性は死亡、男性も重傷を負う事件が起きた。
その後、自らをゾディアックと名乗るようになる人物から犯行についての手紙と謎の暗号が新聞各社に送り届けられる・・・

デヴィッド・フィンチャー監督のいつものサスペンスモノと違って、実際にあった事件を出来る限り忠実に再現したのと、上映時間が150分を超えるために好き嫌いが大きく別れる作品だと思います。
私は、この話題が見事に趣向にあっていて、もう大満足!
原作者で漫画家のグレイスミス本人だけではなく、実際に当時捜査を担当していた人物本人から話を聞き、その時の状況などを再現しているのでリアリティー抜群なのです。

ゾディアック事件を元ネタにした当時の映画にダーティーハリーがありますが、この作品の中でも実に上手いこと使っています。
映画の中の事件解決と現実の捜査の違いに、担当していた捜査官だけでなくゾディアック本人も観てにやけていた事でしょうね。

原作者のグレイスミスの視点はあくまで一般人の推理のレベルを超えることは難しい、状況証拠でどう考えても怪しい・・・しかし決定的な証拠がない。
その辺のこの事件に関わった人物のそれぞれの立場での苦悩に時だけどリアルなドラマが再現されていてとても良かったです。

フィンチャー監督の次回作「Black Hole」これも待ち遠しいですね!



ゾディアック@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ミュンヘン

カテゴリー: ドキュメント風

ミュンヘン


ミュンヘン 2006年

評価 ★★★★☆

スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘンオリンピックでおこった黒い九月事件を映画化。
イスラエル選手団11人が、オリンピック開催中に、テロ組織「黒い九月」の人質となり11人の選手全員が殺害されてしまった。
イスラエル政府は、事件の報復に「黒い九月」のテロ首謀者達を暗殺するよう、主人アヴナーに命令する。

今だ戦火の絶えないパレスチナとイスラエル。
日本が金、銀、道と合わせて29個もメダルを取った大会でこれほど衝撃的な事件が起きていたとは、今まで深く考えていませんでした・・・
最初は、テロリストが人質を取って立てこもるシーンがメインと勘違いしていましたが、アヴナーチームが1人、また1人と暗殺に成功して行く中で、徐々に仲間や自分も狙われる状況に陥っていく恐怖と葛藤・・・
とても見応えありました。




ミュンヘン@映画生活
にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ユナイテッド93

カテゴリー: ドキュメント風

United 93


ユナイテッド93 2006年

評価 ★★★☆☆

2001年9月11日にアメリカで起こった、同時多発テロ「9.11」で、ハイジャックされた4機の内、途中で墜落したユナイテッド航空93便をピックアップした、ドキュメント風映画。

93便の結末は当然知った上で見ているので、前半は淡々とした雰囲気で
少々眠くなります・・・が、中盤から各空港の管制内でもパニック的状況や、機内でのハイジャック犯と乗客の攻防を想像で描いたネタが展開されます。

実際の話に沿ってはいるので、映画の中でも貿易センタービルに突入した便名を間違えて言っていたり、実際ハイジャックされたのは4機だけなのに、「5機ハイジャックされている」など、情報が混乱する管制の様子はなかなか。
(管制塔のやりとりや、雰囲気は相当再現性が高いと思われる)

劇中で「4200機アメリカ上空に飛んでいる」と言うような会話があったんだけど、朝一からそんなに飛行機が飛び交ってるの知ってビックリ!
さすがアメリカと言うか、スケールがでかすぎ!

大物俳優を使わないで無名のキャストや、実際に事件当時の関係者を
そのまま出演させたと言うので、派手さは無い変わりに、ドキュメント感を高めているのは、個人的にはとても良かったかも。

特に、テロを行ったイスラム過激派の若者だって、自分の命と引き替えなんだから、必死だよね・・・その辺の空気の違いみたいなのは、凄く伝わってきました・・。

この乗客が死を前にして、協力しあってテロリストに向かっていくという話も、実際に電話で主人と話した、息子と話したと家族の人が言っているので・・・もしかしたら・・・ホントに機内で攻防があったのかも・・・?
と、思えなくも無いですが、実際は当時から様々な説がありますからねぇ・・

ユナイテッド93便は、ホワイトハウスに突っ込む予定だったのでは?
と、言われているので・・・
撃墜されたんじゃ無いかな?と、私は思っております。
(あくまで個人的な予想ですが・・)

「9.11」などの事件や事故などの真相なんか考えたり推理したりするのが好きな人なら、再びいろいろと考えさせられるので、楽しいと思いますよ。

最後のナレーションの1言は良かったな。
「アメリカとテロとの戦争の始まりである」




ユナイテッド93@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。