FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

タクシー・ドライバー

カテゴリー: コメディー&ドラマ&ホラー

タクシー・ドライバー


タクシー・ドライバー 1976年

評価 ★★★★☆

ロバート・デ・ニーロ主演、マーティン・スコセッシ監督の作品。
ニューヨークのタクシー会社で働く事になったロバート・デ・ニーロ演じるトラビスが繰り返される日々の中覚醒?して行く様を描いた作品。

ジャンルと内容が難しい映画だけど、ロバート・デ・ニーロはやっぱり格好いい!
ジャジーなテーマミュージックに、雨のタクシーのワイパー、ニューヨークの暗黒街、拳銃・・・
大人になって観て、最近評価がぐっと上がりました。
モヒカン姿のデニーロに、13歳娼婦役のジョディ・フォスター見所いっぱい!
覚醒したトラビスの行動の極端さにハラハラ。
ラストシーンは・・・ちょっと疑問あるのですが・・・名作です。

有名な話ですが、1981年のレーガン大統領暗殺未遂事件の犯人はこの映画の大ファンで、ジョディ・フォスターの気を引くために行ったとか・・・




タクシードライバー@映画生活

スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

真実の行方

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

Priamal Fear


真実の行方 1997年

評価 ★★★★☆

リチャード・ギア主演で、エドワード・ノートンのハリウッドデビュー作。
シカゴの自宅で、大司教ラシュマンがナイフで全身を刺されて殺された。
野心家の弁護士マーティンは、血まみれで逃走した後に捕まった容疑者の青年アーロンを無償で弁護すると名乗り出た。

リチャード・ギアは弁護士とかエリートサラリーマン役がホントに似合うなと思います。
ロングコートにスーツがやたら格好いい!
「プリティーウーマン」などのラブロマンスよりも、こう言うちょっと損な役どころがまた良い。
競演のローラ・リニーも法廷モノにはピッタリな感じで、エドワード・ノートンも、あの泣きそうな童顔とのギャップがはまり役!
これ、最初にやる予定だったレオナルド・ディカプリオがやってたらどうだったんだろう・・・?

シナリオはどんでん返しもありますが・・・もう1ひねり欲しかったかな・・・
メインキャスト以外のエピソードがキチンと消化されない部分があり、残念。
でも、出演者の演技力による雰囲気はとても好みです。




真実の行方@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

逃亡者

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

The Fugitive


逃亡者 1993年

評価 ★★★★★

ハリソン・フォード主演で、60年代に大ヒットしたテレビドラマの映画化。
シカゴの医師リチャード・キンブルは、妻殺しの罪で死刑を宣告される。
刑務所に護送される途中に、事故が起きそこから脱出する事に成功した。
自分の無実を晴らすための逃亡生活が始まる・・・

これぞサスペンスドラマ!と言う、始めから終わりまでハラハラドキドキ楽しめる作品。
逃亡者ハリソン・フォード、追跡者トミー・リー・ジョーンズ、2人ともピッタリです。
長い原作ドラマを、見事に2時間映画にしたなと、何度見ても楽しめる作品です。
できればテレビ版で無く、ノーカットで観て欲しい!

追跡者のトミー・リー・ジョーンズを、その後主人公にした「追跡者」こちらもあわせて見るべし!




逃亡者@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ダイ・ハード2

カテゴリー: SF&アクション&アドベンチャー

ダイハード2


ダイ・ハード2 1990年

評価 ★★★★☆

大ヒットしたブルース・ウィリス主演映画の第二弾で、レニー・ハーリンが監督。
前作、ロサンゼルスのナカトミビルテロ事件から1年、今度の舞台は、ワシントンのダレス国際空港。
ブルース・ウィリス演じるジョン・マックレーンはクリスマスを家族で過ごすため妻を空港まで迎えに来ていたが、不振な動向の人物を見つけ後を付けると、荷物到着室で銃撃戦になる・・・・

前作と違い、今作ではマクレーン自ら正義に燃えて事件にガンガン首を突っ込んできます。
その辺が、前作の偶然巻き込まれて・・・と言うムードが無くなってしまったのは残念ですが・・・
個人的に、空港や航空機を舞台にした映画は好みなので、かなり楽しんで見れます。
クリスマスが来るたびに事件に巻き込まれるって設定が、最高ですv

ダイ・ハード2@映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

北北西に進路を取れ

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

North by Northwest


北北西に進路を取れ 1959年

評価 ★★☆☆☆

ヒッチコック監督が1959に作ったサスペンス映画。
主人公ロジャーが、とある組織にスパイと人違いされ、行く先々で事件に巻き込まれ、逃走しながら真相を突き止めようとする・・・

さすがに生まれる何十年も前に作られた映画なので映像は古いですが、結構楽しめます。
しかし、せっかく次から次へ危険がせまったり事件が起こっているのに主人公の性格がそれに慌てたり動じないタイプなので全然緊張感は感じないのです・・・もっと怒りや恐怖を感じてしかるべきだと言う場面だらけなのですが・・・ひょうひょうとした演技なんですよね・・
そこが良いのかもしれませんが・・・@p@

「北北西に進路を取れ」この邦題が意味深ですが、作品に余り関係ない点が残念・・・
でも、場所が最高に良いんですよね、物語をその場所で撮影したいって所にあわせて作ってる感じですが、シーンの舞台は最高にいいです。




北北西に進路を取れ@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ゴースト ニューヨークの幻

カテゴリー: ラブロマンス

Ghost


ゴースト ニューヨークの幻 1990年

評価 ★★★★★

デミ・ムーアの出世作となったラブファンタジー映画。
銀行員のサムは、恋人モリーと同棲生活を始めたばかり。
ある日2人は暴漢に襲われてしまい、サムは銃で撃ち殺されてしまう・・・

この作品、ライチャス・ブラザースの「アンチェインド・メロディ」がもう良すぎ!
何度見ても泣けるのは、この曲の力が非常に大きい。
愛する人を死んだ後も守る、しかし触れることの出来ない切なさ・・・
「天使にラブソングを」のウーピー・ゴールドバーグがこの作品でもすごい演技してくれてます。

若い頃のデミ・ムーアとっても可愛い。
笑いあり、涙あり、ラブファンタジーの最高峰です。




ゴースト ニューヨークの幻@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

閉ざされた森/BASIC

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

閉ざされた森


閉ざされた森/BASIC 2003年

評価 ★★★☆☆

「ダイ・ハード」のジョン・マクティアナン監督がジョン・トラヴォルタを主演にどんでん返しサスペンスに挑んだ作品。
ハリケーンの中、パナマ運河の米軍基地から訓練に出たレンジャー隊7名の内、4人が行方不明、残る3人は救助される時に見方同士が撃ち合い1人が死亡、1人は重体で2名しか生存者が居なかった。
女性の捜査官オズボーン大尉が尋問に当たるが、黙秘を続ける生存者の1人が、軍を辞めた人間になら話すとメモを残した。
そこで、トラボルタ演じるOBで麻薬捜査官のハーディが捜査に加わり真相を追求する事になるのだが・・・・・

あんまり好きな背景では無いのですが、生き残った2人の証言が全く違い、真相は二転三転と変わっていきます。
そしてラストは大どんでん返しで、よーく練られたシナリオなのですが・・・・
作品自体の雰囲気や設定に好みが別れると思います。

この作品でも、マスターウインドウのサミュエル・L・ジャクソンが鬼軍曹役で迫力の顔(演技)を発揮しています。




閉ざされた森@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

風の谷のナウシカ

カテゴリー: アニメ

ナウシカ


風の谷のナウシカ 1984年

評価 ★★★★★

宮崎駿監督の原作漫画をアニメ化した作品で、音楽は、宮崎アニメに欠かせない存在となった久石譲を初起用。
この作品の大ヒットでスタジオジブリが誕生した記念すべき作品。

「火の七日間」と言われる最終大戦争によって、科学の発達した高度文明が滅んでから千年余り、腐海と呼ばれる人の住めない土地で覆われた大地に、巨大な蟲達におびえながら生き残った人類は暮らしていた。
腐海のほとりにある辺境の小国、「風の谷」の族長の娘ナウシカは、風に乗ってメーベで自由に空を飛び、腐海と蟲達こそ世界を浄化するための存在だと言う事に気がついていた・・・
辺境一の戦士ユパが帰ってきた矢先、トルメキア王国の巨大輸送船が風の谷に墜落した・・・

宮崎アニメの中でも1番スケールの大きな作品で、映画化された部分は原作の20%も無く、序章でしかないと言う壮大さ。
腐海と蟲の真相、ナウシカの決断など、是非原作も読んで欲しい作品です。

風の谷のナウシカ@映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ダイ・ハード

カテゴリー: SF&アクション&アドベンチャー

ダイハード


ダイ・ハード 1988年

評価 ★★★★☆

ブルース・ウィリスの出世作にして代表作シリーズの第1作目。
テロリストによって日系企業のナカトミコーポレーションのビルが占拠され、30人が人質となった・・・
別居中の妻がナカトミの役員をしており、休暇中に偶然居合わせたブルース演じるジョン・マクレーンは、1人テロリスト達と闘う。

ふっくら筋肉モリモリのブルースが親父パワーで大暴れ。
第一作目は、ビルの中と言うやむを得ない限られた空間でテロリストとの闘いに巻き込まれていきます。
それも裸足で・・・・
人間味溢れた、ちょっとやる気のない独自の筋肉系ヒーローの誕生した作品で、これぞブルース・ウィリス!
ハイテク巨大ビルを舞台にしたのも、非常に良いアイデアだと思いますし、とにかくアクション映画と言って多くの人がこのダイ・ハードを1番に上げるぐらいでは無いでしょうか。

ダイ・ハード@映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

アザーズ

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

アザーズ


アザーズ 2002年

評価 ★★★★☆

ニコール・キッドマン主演のサスペンスホラー。
1945年、太平洋戦争末期のイギリスジャージー島が舞台。
キッドマン演じるグレースは、太陽の光を浴びると死んでしまうアレルギーのある娘アンと息子ニコラスと広大な屋敷で暮らしていた。
使用人として、ミルズら3人が屋敷で働くことになるが、3人は以前もここで使用人をしていたと言う。。。
日増しに屋敷では怪現象が頻繁に起きるようになっていく・・・・

最初は、「シャイニング」のような感じの映画かな?と思って見ていましたが、後半は見事などんでん返し。
なかなか上手く出来ています。
ゴシック調の雰囲気ムンムンの映像に、往年のハリウッド女優のようなキッドマン、やっぱり綺麗です。
この作品は、怖いホラー映画は苦手と言う人にもお勧めです。
ラストの構成も、私は好きです。




アザーズ@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

交渉人/The Negotiator

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

交渉人


交渉人/The Negotiator 1998年

評価 ★★★★★

サミュエル・L・ジャクソンとケビン・スペイシー主演のサスペンスアクション。
シカゴ警察きっての人質交渉人ローマンは、相棒であるネイサンから警察年金基金を盗んだ人間が同僚に居ると教えられる。
その矢先にネイサンが何者かに殺されてしまったが、その容疑がローマンにかかるようにハメられてしまう。
ローマンは、自分の無実と犯人を暴くため、連邦政府ビルの20階に押しかけ内務捜査官のニーバウムらを人質に取り立てこもる。
交渉人として指名したのは、ケビン・スペイシー演じる、西地区の交渉人クリス・セイビアンだった・・・
人質を取って立てこもる側と交渉する側での、2人の交渉人の駆け引きが始まる・・・

2人のトップ交渉人が相対すると言う設定からして面白い。
ラストにはどんでん返しもあり、最初から最後まで、ハラハラしながら一気に見れます。
黒幕は誰かとか、それほど重要ではなく、とにかく2人の交渉人のやりとりが楽しいです。
ケビン・スペイシーファンにはたまらない作品では無いでしょうか?

しかしサミュエルのアップは、どの作品もインパクト大ですね・・・




交渉人@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ワイルド シングス

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

Wild Things


ワイルド シングス 1998年

評価 ★★★☆☆

フロリダを舞台にした、どんでん返し系エロティックサスペンス。
すごく・・・B級映画チックですがこれが中々面白い。

富豪の娘、女子高生のケリーは、教師でもあるサムにレイプされたと訴える。
訴訟になり物語は更なる発展に・・・事件の真相は?

オープニングが意味無く湿地帯を空撮してますが格好いいです。
ケヴィン・ベーコン主演と言うには疑問が残る内容ですが、後半どんでん返しの連発でビックリと言うより・・・もう笑えてきます。
エンディングでどんでん返しのフォローもあって、ストーリーはよく練ってあるなーと関心します。
誰が犯人?と言うの好きな人には、かなり楽しめると思います。
スタッフロールの最後の最後まで目を離せません。
デニース・リチャーズのお色気シーンが好きな人にもどうぞ・・・・




ワイルドシングス@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ダンサー・イン・ザ・ダーク

カテゴリー: コメディー&ドラマ&ホラー

Dancer in the Dark


評価 ★★☆☆☆

デンマーク制作で、歌手のビョークを主演にしたミュージカル映画。
60年代のアメリカが舞台。
チェコから移住してきた主人公セルマは、息子ジーンと2人暮らし。
遺伝性で徐々に視力が無くなっていき最終的には盲目になる病気を持っているセルマ。
息子もいずれ自分と同じように盲目になると、息子の手術代のために工場で働きながら内職までしてお金を貯めていた。
ほとんど視力が無くなったセルマに、救いのない悲劇がおとずれる・・・・

この映画、泣けると言う人も居ますが・・・・主人公の考え方にまったく理解するところ無く、泣けません・・・
究極に鬱になれる映画ではありますが・・・

話は、これ以上ないほど、ひたすら暗く、救いのない悲劇なんですが・・・人の意見を受け入れることの出来ない主人公。
それなのに、人を疑うわけでもなく、不用心が悲劇を生んでしまいます。
見ていて、息子の考えは? 親友の考えは? なんで聞かないの? と歯がゆいシーンも・・・
主人公の妄想でミュージカルになるのですが、そこは悪くないなと思いますが・・・

でも、ビョークは熱演していたと思います。
個人的に好きなデイヴィッド・モースが、ちょっと酷い役だったのが残念・・・。
見終わった後のどんよりした、鬱な気持ち・・・OKの人観てみてください。




ダンサー・イン・ザ・ダーク@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

L. A.コンフィデンシャル

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

L.A.Confidential


L. A.コンフィデンシャル 1997年

評価 ★★★★☆

50年代のLAを舞台にした同名小説の映画化作品。
6人の男女が、ダウンタウンのカフェで惨殺された事件に隠された謎は?

ケビン・スペイシー、ガイ・ピアース、ラッセル・クロウと3人の刑事がみんなご贔屓の俳優なので個人的にはそれだけで引き込まれちゃいますが、中盤以降の目を離せないストーリー展開はこれぞサスペンス映画と言う感じです。
キャストだけでも見る価値あり!

どんでん返しに衝撃は無いですが、話のまとまり繋がりが上手いな~と関心してしまいます。
オープニングから中盤までの、ダニー・デヴィートを使った演出・・・これっているのかな??
好みの問題ですかね・・・・

余談ですが・・・この作品のラッセル・クロウとケビン・スペイシーが髪型同じなのもあって似すぎ!




L.A.コンフィデンシャル@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

メメント

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

Memento


メメント 2000年

評価 ★★★★☆

前向性健忘と言う、新しい記憶が10分たつと消えてしまう記憶障害の病気を持ってしまった主人公レナードを、L. A.コンフィデンシャルのガイ・ピアース好演。

レナードの最後の記憶は、家に入った侵入者に妻がレイプされ殺されてしまうと言うものだった、その事件で記憶障害になってしまったレナードは、妻を殺した犯人を捜し復讐に燃えるが10分ですべて忘れてしまうため、重要なメモを体に入れ墨を入れ、ポラロイド写真を撮りメモを書き忘れないようにしていた・・・

この作品の後、インソムニアを作っているクリストファー・ノーラン監督ですが、脚本も映像上手いアイデアだなーと関心。
主人公が10分で記憶が無くなるために、「俺、今何してるんだっけ?」と常に考えるわけですが、時間軸をバラバラに見せる事でワザと難解にされてるなーと、思いながら見るわけですが、そのおかげで見ているコッチまでがまるで記憶障害のように「このシーンは何してるんだ?」と思えてきます。
主人公が記憶を残したメモが、まるでアドベンチャーゲームのようなキーワードで、こう言うの好きな人多いのでは無いでしょうか。

1度見終わって、時間軸を順番通りに脳内変換(DVDなら時間軸通りに見る)してバラバラの時間軸パズルが繋がって、見終わった後も色々考えられる面白い作品です。




メメント@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ショーシャンクの空に

カテゴリー: コメディー&ドラマ&ホラー

Shawshank Redemption


ショーシャンクの空に 1994年

評価 ★★★★★

スティーヴン・キング原作の映画化作品。
1947年、ティム・ロビンス演じる主人公アンディは、銀行の若き副頭取。
妻とその浮気相手を射殺した罪で刑に服す事に・・・
他の囚人達とは違い、教養あるアンディの刑務所での30年を超える生活が始まる。

数あるスティーヴン・キング原作のの中でも1番好きな作品です。
見終わった後に、とても清々しい気分になる映画。

モーガン・フリーマンが調達屋、そしてアンディの1番の友として非常に良いんです。
この作品見てから、モーガンの大ファンにもなりました。
モーガンのナレーションの雰囲気が、この作品のまったりした雰囲気にとっても合っています。

ネタバレ無しで、1度見て欲しい映画です。




ショーシャンクの空に@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

パニック・ルーム

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

Panic Room


パニック・ルーム 2002年

評価 ★★★☆☆

デイヴィッド・フィンチャー監督、ジョディ・フォスター主演のサスペンスアクション。
夫に愛人が出来離婚したサラは、11歳の娘と暮らす新しい家を探していた。
晩年体が不自由になったとある富豪の家に住むことに・・・
その家には、エレベーターや緊急避難用の鋼鉄で出来たパニックルームなどが完備された家だった。
引っ越したばかりの夜、3人の男達が家に忍び込む・・・

セブン、ゲーム、ファイトクラブと、どんでん返し系のサスペンスで楽しませてくれたフィンチャー監督。
この作品では、密室のシチュエーションと、子供を護る母といったように、今までの作品とはちょっとタイプが違います。
不思議なアングルの視点とジョディ・フォスターの熱演で最後まで楽しめますが・・・
肝心の恐怖を与える存在である3人の侵入者が、かなりずっこけ3人組で・・・せっかくのシチュエーションから恐怖を無くしています。
あえて、寄せ集めの3人である事によるトラブルや、人間味あるキャラクターにしたのでしょうが・・・
バーナム役のフォレスト・ウィテカーが、本当にいい人演じています。

フィンチャー監督の新作、ZODIAC(ゾディアック)、1970年頃におこった連続殺人事件を映画化と言うことで、今から期待ですね。




パニック・ルーム@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

16ブロック

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

16blocks.


16ブロック 2006年

評価 ★★☆☆☆

ブルース・ウィルス演じる初老の刑事刑事ジャックは、張り込みの夜勤明けに、囚人エディーを16ブロック先の裁判所まで護送して証言させる事になるが・・・たった16ブロック先までの護送が大変なことに・・・

16ブロック(1ブロックとは大通りから大通りまでのこと)進むのが一筋縄では行かないとか、証言のリミットが2時間で、映画の上映時間とリンクしながらリアルタイムで進んで行く所は素晴らしい!
しかし・・・主人公の落ちぶれ刑事がイマイチ魅力的に見えなかった・・・
ブルースも今までも跳んだり跳ねたり大暴れの役から、足の少し不自由な老刑事役にチャレンジと言う事なんでしょうが・・・
ヒゲが無い方がいいな、と個人的には思います。

ストーリーの展開も、特筆するような展開も無く・・・
もっと主人公刑事ジャックが「頭の良い奴だ」と言う所を発揮しまくって・・・と言う展開欲しかったかな。




16ブロック@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ソウ2 SAW2

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

SAW2


ソウ2 SAW2 2005年

評価 ★★★★☆

さあ、ゲームをしよう・・・
大好評だった前作に続いて、前作の監督のジェームズ・ワンと脚本のリー・ワネルは製作総指揮になり、新たにダーレン・リン・バウズマン監督を向かえた作品・
今作の主人公エリックは刑事は、ジグソウの連続殺人事件を追っている同僚のケリー刑事に呼ばれ事件現場に赴く・・・
殺されていたのは、エリックが普段利用している情報屋の男で、現場の天井にはエリックを挑発する文字が残されていた。
そのヒントを元にジグソウの隠れ家に駆けつけるエリック達だが、そこにはエリックの息子を含めた8人の男女が謎の屋敷の中で監禁されている姿が数台のTVモニターに映されていた・・・

前作の衝撃には及ばないものの、最初から最後までぐっと引きつけられる脚本は流石!
続編として登場人物や話がキチンと繋がっていつつも、まった新たな展開でのサスペンス、本当に面白いです。
ただ、ラストが3に繋げる前提で出来てるのかな?とも思える感じでしたが・・・

11月公開の続編ソウ3、目覚めると食肉工場の地下室・・・鎖に繋がれた3人の男女・・・
監督は2と同じくダーレン・リン・バウズマン、脚本もリー・ワネル、今から楽しみですね。

ソウ2@映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

キューブ2 CUBE2

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

CUBE2


キューブ2 CUBE2 2002年

評価 ★☆☆☆☆

前作ヴィンチェンゾ・ナタリ監督に代わって続編のメガホンをとったアンドレイ・セクラ監督の作品。
目が覚めると四角い立方体の部屋が連なる謎の空間だった・・・・
前作のノリそのままに、8人の男女はなんとか脱出しようと試みるが・・・

2になってハイパーキューブになり、1の雰囲気そのままに4次元のキューブに・・・
かなりバーチャルな世界観になってしまい、トラップも4次元的なモノに・・・
ストーリーとしては前作によく似せては居るモノの、すべての謎が明らかに!
と、言うのを期待してみるとがっかりします。
第3作目のキューブセロを見ても、「なるほど!」と思えるような謎の解決にはなっていませんし・・
もしも、ナタリ監督が作っていたらどうなっていたのかな?

とはいえ、あの1作目の良さを取り入れつつ続編をとなると難しいのでしょうね。




CUBE2@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

カテゴリー: コメディー&ドラマ&ホラー

Interview with the Vampire


インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア 1994年

評価 ★★★★★

ニール・ジョーダン監督、原作者のアン・ライスが脚本も担当。
トム・クルーズとブラッド・ピットの豪華競演作品。
バンパイアの美青年ルイが、インタビューでバンパイアになってからの200年を語る・・・

ブラッド・ピットが主人公的な感じで人間の心を残し悩む王子様のようなバンパイア、ルイ役。
トム・クルーズがルイを見いだした闇のバンパイア、レスタトを好演してます。
この作品から、私のトム・クルーズ好きが始まりました。
アントニオ・バンデラスも出番は少ないですが黒髪の美形バンパイア役を・・・
とにかく美形揃いの映画ですが、今となってはスパイダーマンの彼女役でおなじみのキルスティンダンストが無邪気で小悪魔な少女吸血鬼役を上手く演じてます。

この作品はラストが大好きなんです。
はじめて観たときのラストの雰囲気、今見ても格好いいです。
トムのレスタト最高!
レスタトを主役にした続編も、トム・クルーズにやって欲しかったな・・・・

それにもう、後にも先にもトム・クルーズとブラッド・ピットの競演なんて
見れないんだろうなぁ・・・
でも もう1度見てみたい!!




インタビュー・ウィズ・バンパイア@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

レディ・イン・ザ・ウォーター

カテゴリー: コメディー&ドラマ&ホラー

レディ・イン・ザ・ウォーター


レディ・イン・ザ・ウォーター 2006年

評価 ★☆☆☆☆

シックスセンスのM・ナイト・シャマラン監督のファンタジー作品。
アパートの管理人クリーブランドは、ある日敷地内のプールで謎の少女を発見する。
その、ストーリーと名乗る少女が東洋の伝説にダブり、徐々に真実が明らかに・・・

シャマラン監督の作品とあって、ミステリーを期待してしまいますが、今回はおとぎ話が現代に・・
と言う感じの作品ですが、オープニングなど、壮大なファンタジーのようにも思えるのですが、最後まで主人公の身の回りで解決してしまうので、非常にスケールは小さい・・・
超アップのカットが多いので、幻想モンスターとの闘いや絡みなどもまったく迫力無いのはワザとなんでしょうかね?
この辺も好みによると思いますけど・・・・

1番の見所は・・・シャマラン監督がおいしい役割で出演してると言う事でしょうか。
(ちなみに・・インド人の青年が脚本・製作・監督・出演のシャマラン監督です。)




レディ・イン・ザ・ウォーター@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ユージュアル・サスペクツ

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

Usual Suspects


ユージュアル・サスペクツ 1995年

評価 ★★★★☆

ブライアン・シンガー監督のサスペンス映画。
埠頭で船が爆発し、27人が死亡する事件が起こった。
2人が生き残り、内1人は全身火傷で重体、無傷で生き残ったケヴィン・スペイシー演じるヴァーバルを尋問する。
事件は6週間前にさかのぼる・・・

非常に良くできたシナリオで、最後まで犯人の正体は誰なんだ?と考えながら見れるので面白いです。
犯人は大体想像の通りなんだろうと思いながらも、終盤まで黒幕のカイザーは実在するのかしないのか・・・・その辺の演出が見事。
冒頭から回想シーンで構成されていくパターンなので、最初は非常に解りにくいカットが多いのですが・・・
その分特に、ラスト数分間のカットは大好きです。
鳥肌立ちますよ!

こう言うサスペンスモノは、本当に良いな~と思える傑作です。
ブライアン・シンガー監督には、X-MENやスーパーマンもいいけど、こう言うのもっと作って欲しいですね。




ユージュアル・サスペクツ@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

フライトプラン

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

フライトプラン


フライトプラン 2005年

評価 ★★★★☆

ジョディ・フォスター主演のサスペンスアクション。
夫を転落事故で亡くし、娘ジョディーと飛行機でニューヨークへ向かう途中、目覚めると隣にいたはずの娘が消えてしまった。
周りの乗客も乗務員も娘を見ていないと言うが・・・・

高度1万メートル以上の大型旅客機と言う限られた空間でのサスペンス、私はこの映画好きです。
大型旅客機の広さ、高級感などよく出来てましたし、旅客機と言う設定がいい。
ジョディ・フォスターも、パニックルームからの子供を守る母役が今作でも見事でした。
鬼気迫る演技で、1回目は物語中盤にして、本当にこのまま夫を亡くしたショックで・・・と思いかけたほど・・・
どんでん返しの見せ方があっさりしているのが賛否両論あるようですが、私はそれまでのドキドキ感結構あったので満足。
ラストは機長のカットと台詞が入った所で少し鳥肌も立ちました。

ジョディー大好き イイ映画です。




フライトプラン@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

もしも昨日が選べたら Click

カテゴリー: コメディー&ドラマ&ホラー

もしも昨日が選べたら


もしも昨日が選べたら Click 2006年

評価 ★★★☆☆ 

主人公マイケルは、建築デザイナーで仕事人間。
綺麗な奥さんと可愛い2人の子供のためと、出世のためと家庭を顧みない生活が続いていた。
ある日、深夜営業の寝具店の怪しい扉の奥でモーティと言う謎の従業員に不思議なリモコンを貰う・・・
それは、クリック1つで人生の早送りからリプレイ、一時停止まで出来てしまう謎のリモコンだった!

主演のアダム・サンドラーがとってもイイ味出してます。
松井やらイチローやら、日本を意識したネタも織り交ぜつつテンポよく進み、ちょっとホロリと来るシーンもあったり、特にペットの犬達が最高の動き!
考えたら家にも何種類リモコンあるんだろうか・・・

コメディーギャグの中に、家族の大切さに向き合った良い映画です。
亡くなった母に、もっとこう言いたかった、もっといろんな事してあげたかったと思った気持ちを思いだしてしまいました・・・




もしも昨日が選べたら@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

スーパーマン リターンズ

カテゴリー: SF&アクション&アドベンチャー

Superman-R


スーパーマン リターンズ 2006年

評価 ★★★☆☆

クリストファー・リーブが亡くなって久しいですが、191cmの長身ブランドン・ラウスをスーパーマン役に、X-MENの監督ブライアン・シンガー が新しいスーパーマンを作った。

スーパーマンことクラーク・ケントは、故郷のクリプトン星に自分探しの旅に出ていた。
しかしクリプトン星は消滅しており、5年ぶりに地球に帰ってきた・・・

と言う所から始まるので、イマイチどの続きなのか解りにくいのですが、どうやらスーパーマン1の後の話のようです。
クリストファー・リーブのスーパーマン好きだったので、2の冒険編や電子の要塞など、無かったことにされてしまうのかな?とちょっとショック・・・
しかし、CG技術の進歩でものすごく美しく迫力のある映像はさすがです。
旅客機を救うシーンなどまさにスーパーマン!
ブランドンのスーパーマン姿もピッタリなイメージで、特にクラークの眼鏡かけた優しい感じが良い。
これには、クリストファー・リーブも草葉の陰から納得しているでしょう。

ロイスが婚約していて1児の母になっていた・・など、ストリーの方は個人的にはあまり好みでは無かったのですが・・・
(婚約相手のリチャードが可哀想・・・)

息子は父に・・・
父は息子に・・・

新しいスーパーマンワールドに今後も期待です。




スーパーマン リターンズ@映画生活

にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ミュンヘン

カテゴリー: ドキュメント風

ミュンヘン


ミュンヘン 2006年

評価 ★★★★☆

スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘンオリンピックでおこった黒い九月事件を映画化。
イスラエル選手団11人が、オリンピック開催中に、テロ組織「黒い九月」の人質となり11人の選手全員が殺害されてしまった。
イスラエル政府は、事件の報復に「黒い九月」のテロ首謀者達を暗殺するよう、主人アヴナーに命令する。

今だ戦火の絶えないパレスチナとイスラエル。
日本が金、銀、道と合わせて29個もメダルを取った大会でこれほど衝撃的な事件が起きていたとは、今まで深く考えていませんでした・・・
最初は、テロリストが人質を取って立てこもるシーンがメインと勘違いしていましたが、アヴナーチームが1人、また1人と暗殺に成功して行く中で、徐々に仲間や自分も狙われる状況に陥っていく恐怖と葛藤・・・
とても見応えありました。




ミュンヘン@映画生活
にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking

ソウ SAW

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

SAW


ソウ SAW 2004年

評価 ★★★★★

長編映画初になるジェームズ・ワン監督の作品。
謎の浴室の両端に、足を鎖で繋がれた2人の男・・・
浴室の真ん中には銃で頭を撃ち抜いた男の死体が・・・

映画館の予告編を見たときから期待しまくりでしたが、期待以上の作品でした。
のっけから釘付けになり、衝撃のラストまで一気に楽しめます。
キューブと違って、徐々に登場人物の謎が明かされ繋がっていきます・・・
最後オチも、何度も見るとなるほど、ここでラストの事言ってるじゃないかとか解る、練りに練ったシナリオ素晴らしいです。

脚本&アダム役で出演のリー・ワネルに今後も注目です!

ソウ@映画生活



にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。