FC2ブログ

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ハンニバル・ライジング

カテゴリー: ミステリー&サスペンス

ハンニバル・ライジング


ハンニバル・ライジング 2007年

評価 ★★☆☆☆

ハンニバル・レクターシリーズ第4弾。
ピーター・ウェーバー 監督、青年時代のレクターにフランスの若手俳優ギャスパー・ウリエル 、 日本人役のムラサキ婦人にコン・リー。

レクターシリーズのエピソード1とも言うべき、幼少期~青年期を描いた作品。
1944年リトアニアの名門貴族であるレクター家は、第二次世界大戦でドイツ軍の侵攻に巻き込まれ、目の前で両親、家族を殺されてしまう。
残った幼い妹ミーシャと山小屋に隠れていたところに、略奪者と化した軍の残党が押しかけ、妹ミーシャに手をかける・・・

まず、レクター役が美形すぎて、アンソニー・ホプキンスのイメージに全然繋がらないのが残念。
冒頭の少年時代の悲劇は、とてもとても悲しい出来事で、復讐の怪物になってしまうのも納得。
最初の人食いが強烈でとりこになってしまう部分は理解できませんが・・・

ちょっと日本の解釈が他の洋画同様に変だけど、レクター博士のスマートな動きは、日本の剣道の修行から来てるかと納得は出来るし、映画ハンニバルのラストで、日本行き?の飛行機に乗っていたのも繋がって、色々と納得できる部分は多かったです。


ハンニバル・ライジング@映画生活



スポンサーサイト
にほんブログ村 映画ブログへ  FC2 Blog Ranking
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://fuumanokazu.blog76.fc2.com/tb.php/64-89f03846
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。